ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 美しい海とハマユウの群生(屋形島)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

美しい海とハマユウの群生(屋形島)

印刷用ページを表示する 更新日:1977年8月1日更新

1977年8月号 広報おおいた

美しい海とハマユウの群生(屋形島)

説明

魚が暮らしの代表なら、ふるさとの心を代表するもの、それは「ハマユウ」であろう。かつては、各浦々にすばらしい群生地があったが、当時は地域開発や盗掘でその数がわずかになっていた。しかし、その後、県立蒲江高校生を中心にして増殖運動が展開された。熱心な高校生の運動は年毎に広まり、また、一般家庭でも「ハマユウ」が話題にのぼるようになり、昭和51年5月、町花の公募では圧倒的な数で「ハマユウ」が、指定町花となった。

場所

場所:佐伯市蒲江

カテゴリー

食・街並み・動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ