ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > フユイチゴ(バラ科)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

フユイチゴ(バラ科)

印刷用ページを表示する 更新日:1977年12月1日更新

1977年12月号 広報おおいた

フユイチゴ(バラ科)

説明

常緑つる性の小さい潅(かん)木。里に近いやぶや再生林、杉林や竹林などに、一面にしきつめることがある。木枯らしの吹く寒日、明るくなった林床に赤い実が見つかる。踏む落葉の音とともに郷愁にかられる。生産活動が人里近くの林に繰り返されると、いつしかフユイチゴが定住するようになる。人くさい、里くさい植物である。(昭和52年12月・大分市柞原のやぶで)

場所

場所:大分市

カテゴリー

食・動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ