ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 建設中の「大分医科大学」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

建設中の「大分医科大学」

印刷用ページを表示する 更新日:1978年1月1日更新

1978年1月号 広報おおいた

建設中の「大分医科大学」

説明

昭和53年4月、県民待望の大分医科大学が開校した。大学用地は、由布市挾間町上市付近の国道210号線から北へ県道大分挟間線のバイパスとして完成間近い道路を2.5メートルほど登った標高約100メートルの平たんな所。敷地総面積約25万平方メートル。豊かな緑に囲まれて、遠くに高崎山や由布・鶴見岳を望む環境は教育の場にふさわしいすぐれた条件を満たしている。(写真は建設中の講義棟と実習棟 昭和52年12月6日撮影)

場所

場所:由布市挾間町

カテゴリー

食・医療・福祉・教育・子ども

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ