ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > “杵築ハウスみかん”の栽培
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

“杵築ハウスみかん”の栽培

印刷用ページを表示する 更新日:1978年1月1日更新

1978年1月号 広報おおいた

“杵築ハウスみかん”の栽培

説明

杵築市では、天候に左右されず、消費者の好みに対応し、しかも、有利な価格を得るハウス栽培に着目し、昭和49年、50年頃から本格的なみかんのハウス栽培が行なわれるようになり、52年に40戸の農家が約5ヘクタールを栽培、300トンの収穫を得た。同年の7月初めから県内はもとより、東京・大阪方面に出荷されたが「杵築ハウスみかん」として好評を博し、高値で取引された。真新しいビニールハウスの中では、みかん木が青々と茂り、その収穫が期待された。

場所

場所:杵築市

カテゴリー

食・農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ