ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 山国川支流の山移川と耶馬溪ダム建設地
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

山国川支流の山移川と耶馬溪ダム建設地

印刷用ページを表示する 更新日:1978年3月1日更新

1978年3月号 広報おおいた

山国川支流の山移川と耶馬溪ダム建設地

説明

耶馬溪ダムの建設は、昭和52年2月損失補償基準が妥結、調印され、昭和53年から本格的な工事に着工されることになっている。堤高は65メートル、堤頂の長さ280メートルの重力式コンクリートダムで、相貯水量2,330万トン。洪水調整を初め、河川流域の改善や、大分県北の工業用水及び北九州の生活用水の供給を目的としており、大分、福岡両県にとって重要なダムであるといわれた。

場所

場所:中津市耶馬溪町

カテゴリー

食・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ