ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 夏の涼しい気象条件を生かした高原トマトの栽培
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

夏の涼しい気象条件を生かした高原トマトの栽培

印刷用ページを表示する 更新日:1978年4月1日更新

1978年4月号 広報おおいた

夏の涼しい気象条件を生かした高原トマトの栽培

説明

当時の竹田市荻町は、50年前まで水に恵まれず、県下でも有数の広い耕地を持ちながら、生産性の低さから貧しい生活を強いられていた。しかし、「東の天龍、西の萩柏原」とまで当時の人々に言われた難工事を克服して「萩柏原水路」を完成。こうした大きな工事と併行して、高原の夏季冷涼な気候と、国鉄豊肥本線、国道57号線を生かした産地造りが勧められ、野菜ではトマト、キャベツ、レタス、ピーマン、スイートコーン、花木では夏菊、リンドウが栽培されるようになった。

場所

場所:竹田市荻町

カテゴリー

食・農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ