ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 県道「梶寄裏佐伯線」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

県道「梶寄裏佐伯線」

印刷用ページを表示する 更新日:1978年7月1日更新

1978年7月号 広報おおいた

県道「梶寄裏佐伯線」

説明

昭和40年度から始まった県道梶寄浦佐伯線の改良工事は、出羽から半島のはずれ梶寄まで延長12.5キロメートル。出羽からの工事に続いて48年には梶寄側からも着工した。海に落ち込む海岸線を削り、トンネルを掘って道を開き、現在、全区間延長の約86パーセントが改良済み(一踏未舗装)。53年度には、最後の難関「広浦トンネル」に着工し、全線の開通は57年の予定であった。

場所

場所:佐伯市鶴見

カテゴリー

食・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ