ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 島の水不足を解消する「迫ダム」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

島の水不足を解消する「迫ダム」

印刷用ページを表示する 更新日:1978年8月1日更新

1978年8月号 広報おおいた

島の水不足を解消する「迫ダム」

説明

昭和53年、姫島でただ一つの河川である迫川に築造した重力式コンクリートダム、迫ダムが完成した。えん堤の長さ91.5メートル。高さ14メートル。ダムの完成によって村の上水道は、当時利用中の貯水池2つ(貯水量合計3万トン)とあわせて7万5千トンの貯水能力を持ち、村の年間使用料20万トンをゆうにまかなって、島の水不足解消に大いに役立った。迫ダムの着工は52年7月、1億4,300万円を投じて53年5月完成。その後の村の上水道普及率は100パーセントとなり、まさに全国一であるといわれた。

場所

場所:姫島村

カテゴリー

食・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ