ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 洞門バイパス開通
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

洞門バイパス開通

印刷用ページを表示する 更新日:1978年10月1日更新

1978年10月号 広報おおいた

洞門バイパス開通

説明

昭和53年、国道212号線の中津市本耶馬溪町「青の洞門」に、バイパスが完成し、同年9月12日に開通した。当時、青の洞門付近の国道212号線は道幅が狭く、トンネルの入口の両方に信号機を設置して一方通行で車を通していたが、春の深緑と秋の紅葉の観光シーズン中は、交通渋滞が続いた。この交通状態を解消するために、バイパスが建設されたものである。昭和47年度着工以来7年を要し、事業費は11億3,740万円。道路幅は10.75メートル、そのうち3.5メートルがサイクリング道と歩道にあてられた。

場所

場所:中津市本耶馬溪町

カテゴリー

食・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ