ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 臼杵坂ノ市有料道路
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

臼杵坂ノ市有料道路

印刷用ページを表示する 更新日:1978年11月1日更新

1978年11月号 広報おおいた

臼杵坂ノ市有料道路

説明

臼杵市と大分市坂ノ市を最短距離で結ぶ「臼杵坂ノ市有料道路」が昭和53年11月14日に開通した。当時県内初の県営有料道路で、延長7.2キロメートル。県と県道路公社が、昭和47年12月に着工、6年がかりで総額72億6,000万円の工事費を投入した最新設備を誇る道路であった。当時は臼杵、坂ノ市間は約28分かかっていたのがわずか8分に短縮された。防災設備に万全を期し、沿線の緑化など環境整備にも力を入れて、安全で快適な道路づくりを行なった。

場所

場所:臼杵市

カテゴリー

食・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ