ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 「岩戸遺跡」発掘のようす
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

「岩戸遺跡」発掘のようす

印刷用ページを表示する 更新日:1979年4月1日更新

1979年4月号 広報おおいた

「岩戸遺跡」発掘のようす

説明

当時、全国に名を馳せた“岩戸遺跡”は、戸数30数戸の岩戸部落の高台にあった。調査2日目の昭和54年1月26日朝10時頃、地表より50センチ掘り進んだところの地層(約2万年ほど前のもの)からコブシ大の石70数個が、縦1.6メートル、横1メートルの方型に寄り集まって、次々に出てきた。

場所

場所:豊後大野市清川町

カテゴリー

食・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ