ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 近代的になった観光都市「別府」 -油屋熊八-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

近代的になった観光都市「別府」 -油屋熊八-

印刷用ページを表示する 更新日:1979年6月1日更新

1979年6月号 広報おおいた

近代的になった観光都市「別府」 -油屋熊八-

説明

油屋熊八は文久3年(1863年)愛媛県宇和島で油屋正輔の長男として生まれた。明治44年、不老町の佐藤通(洋画家佐藤敬の厳父)邸隣に、二階二間、階下二間のささやかな旅館を開業し、別府における活躍がはじまる(今の亀ノ井ホテルの前身である)。いつも赤ネクタイで万年青年を自称、豪放らいらく、奇才縦横の人、油屋熊八。その人生後半の別府における活躍は、まさに「観光別府の父」と呼ぶにふさわしかった。

場所

場所:別府市

カテゴリー

食・街並み

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ