ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > すべて手づくりの鶏舎
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

すべて手づくりの鶏舎

印刷用ページを表示する 更新日:1981年1月1日更新

1981年1月号 広報おおいた

すべて手づくりの鶏舎

説明

農家の庭先から、こぼれた米などをついばむニワトリの姿が見えなくなってずいぶんたった昭和56年、自然飼育が見直されていた。当時、中津市耶馬溪町で地卵を生産している養鶏場では2,200羽のニワトリが、鹿間(かくま)の大地をかっ歩している。ここの特色は、有精卵であること。価格的には少し高いが、ひと味違うおいしさと消費者にも好評であったという。

場所

場所:中津市耶馬溪町

カテゴリー

食・農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ