ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 霊山(りょうぜん(610メートル))
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

霊山(りょうぜん(610メートル))

印刷用ページを表示する 更新日:1981年4月1日更新

1981年4月号 広報おおいた

霊山(りょうぜん(610メートル))

説明

霊山は「仏の山」であり、お隣の「上山」もと宮山とともに、大分市民にはなじみの深い信仰の山である。中腹に飛来霊山寺がある。寺伝によるとインド僧の那迦がこの地を訪れたさい、釈迦説法の地であるマカダ国・霊鷲山によく似ているのに驚き、「鷲峰が飛来したのではあるまいか」として霊場を開いたという。山名や山号寺名がこれに由来していることはいうまでもない。当時、寺まで車道が通じ、大分市立青年の家や森林公園ができ、ふもと一帯はすっかり住宅地となった。

場所

場所:大分市

カテゴリー

山・街並み・街並み

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ