ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 矢筈岳(やはずだけ(267メートル))
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

矢筈岳(やはずだけ(267メートル))

印刷用ページを表示する 更新日:1981年6月1日更新

1981年6月号 広報おおいた

矢筈岳(やはずだけ(267メートル))

説明

月は矢筈に、踊りは浜に‥。「夢の島」といわれる姫島のシンボル、海を行く人たちの目印、そして名物・盆踊りの背景となるのが矢筈に似た双頭のこの山である。比売語曽や七不思議などの伝説、さらに海上交通の要衝としての歴史に彩られた島は、同時に、ナウマン象化石や黒曜石、藍鉄鋼、地層摺曲がりなど地質的にも興味深いところであり、いくつもの火山が折り重なるように噴出してできた島としても注目される。矢筈岳はそうした面からも、重要な資料を多く提供してくれる場所である。

場所

場所:姫島村

カテゴリー

海・山・食

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ