ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > ジェットフレッシュ便 新鮮な大分の野菜を乗せて東京へ
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

ジェットフレッシュ便 新鮮な大分の野菜を乗せて東京へ

印刷用ページを表示する 更新日:1981年7月1日更新

1981年7月号 広報おおいた

ジェットフレッシュ便 新鮮な大分の野菜を乗せて東京へ

説明

“90分の新鮮さ”をキャッチフレーズに昭和55年9月から野菜の航空機輸送が始まった。鮮度のよさで“大分野菜”はイメージアップし、評判も上場であった。国東半島に高品質、高単価の野菜を生産する臨空農業地帯(フライト団地)が作られ、京浜市場への野菜出荷量を増やそうとする計画が進められていた。

場所

場所:由布市武蔵町

カテゴリー

食・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ