ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 夜明けとともに活気があふれる、旧鶴見町公設水産地方卸売市場
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

夜明けとともに活気があふれる、旧鶴見町公設水産地方卸売市場

印刷用ページを表示する 更新日:1981年8月1日更新

1981年8月号 広報おおいた

夜明けとともに活気があふれる、旧鶴見町公設水産地方卸売市場

説明

当時の佐伯市鶴見は県南の水産基地をめざして大きな変ぼうをとげていた。昭和55年度に完成した水産物産地流通加工センターの出現だ。そこには、メーン施設の卸売市場を初めとして、製氷・貯氷施設、冷蔵・冷凍施設、検量施設が並んでいた。このほか松浦漁港には、大型重油タンク、通信施設、漁具倉庫などもあった。

場所

場所:佐伯市鶴見

カテゴリー

食・施設・建物・漁業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ