ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 建設中の耶馬溪ダム
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

建設中の耶馬溪ダム

印刷用ページを表示する 更新日:1982年3月1日更新

1982年3月号 広報おおいた

建設中の耶馬溪ダム

説明

昭和57年、下流側から、エプロン越しに見る建設中の耶馬溪ダム。当時のダム本体工事の進捗状況は40%程度であったが、完成時の威容を十分想像させてくれた。堤高62m、堤頂の長さ313m、堤体積は37万立方メータの重力式コンクリートダムである。当時の県庁の建物が5~6コはすっぽりと入るほどの大きさ。有効貯水量は、2100万t。洪水調節と山国川下流域の農業用水確保が目的のほか、毎秒1.6tを放水し、県北地域の工業用水や、北九州市への飲料水の供給を見込んでいた。59年度中に、付帯工事も含めてすべてのダム工事が完了し湛水されると、その周囲は約8km。景勝の地も近く、道路事情もよいことから、格好のハイキングや、サイクリングコースが誕生した。

場所

場所:中津市耶馬溪町

カテゴリー

食・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ