ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 後藤家住宅 -国重要文化財-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

後藤家住宅 -国重要文化財-

印刷用ページを表示する 更新日:1983年2月1日更新

1983年2月号 広報おおいた

後藤家住宅 -国重要文化財-

説明

春まだ浅い後藤家。こんもりとした茅葺き屋根が、日だまりの中に浮かんだ。谷を隔てた鎧ヶ岳の稜線は、あたかもこの家の前庭のよう。海抜800メートルの野津原町杵ヶ原。後藤家は、いまから200年前(江戸中期)に建てられた小庄屋屋敷。土間沿いの一間幅の板間、座敷の格子窓、広間の蔀戸(しとみ(上半分を内側に引き上げる建具))と、この地方の古い形式がそのままに残されている。

場所

場所:野津原町

カテゴリー

食・施設・建物・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ