ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 米水津村沖に設置される漁礁
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

米水津村沖に設置される漁礁

印刷用ページを表示する 更新日:1983年4月1日更新

1983年4月号 広報おおいた

米水津村沖に設置される漁礁

説明

当時、国の出先機関、県議会議員、関係市町村、学識経験者など43人からなる大分県マリのポリス基本計画協議会(会長知事)は、昭和58年2月23日、大分市内で第1回目の会合を開いた。先に策定委員会がまとめた基本計画原案は、同年4月に開かれた第2回目の協議会にかけられ、いよいよマリノポリス建設が正式にスタートすることになった。一部ではすでに大型漁礁の投入など、計画は実施されていたとはいえ、昭和56年度を一応の目標においた大型プロジェクトであり、県南関係市町村では待ちに待った計画の実施だった。

場所

場所:佐伯市米水津

カテゴリー

食・漁業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ