ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 佐野家別邸(大原邸)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

佐野家別邸(大原邸)

印刷用ページを表示する 更新日:1983年11月1日更新

1983年11月号 広報おおいた

佐野家別邸(大原邸)

説明

佐野家別邸は(大原邸)は、江戸末期から明治になるまで杵築藩の重臣をつとめた大原氏の邸宅跡。当時、佐野家所有になった。建築年代は不詳であるが、19世紀中ごろらしい。堂々たる長屋門を抜け、敷石伝いに進むと、玄関先の式台がある。この式台は幅一間、奥行き一間と広く、当家の格式の高さを示している。屋根の形式は寄棟造りであるが、玄関部分だけ入母屋造り。草葺の屋根というのも大きな特徴である、他の武家屋敷が瓦葺などに様変わりしたなかで、唯一の草葺となり、貴重な存在となっている。

場所

場所:杵築市

カテゴリー

食・施設・建物・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ