ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > いちご
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

いちご

印刷用ページを表示する 更新日:1984年5月1日更新

1984年5月号 広報おおいた

いちご

説明

日本への渡来は、オランダイチゴとよばれることから徳川末期にオランダ人がもたらしたとされる。鮮やかな色彩、ほどよい酸味と甘さ、豊富なビタミンCなどで、子供から大人まで根強い人気がある。当時、県内の栽培品種は宝交早生(ほうこうわせ)が中心。ポット育苗技術導入で早期出荷が可能になり、10月から5月頃まで出回る。産地は県北国東、大分、佐伯など海岸部が中心。

場所

場所:大分市

カテゴリー

食・動物・植物・農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ