ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > ぶどう
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

ぶどう

印刷用ページを表示する 更新日:1984年10月1日更新

1984年10月号 広報おおいた

ぶどう

説明

世界で最も生産量が多い果樹、ぶどう。生食用だけでなく干しぶどう、ジャム、ゼリー、ぶどう酒などに広く用いられている。夏から秋にかけてがシュンで、食べやすさとおいしさで人気。当時、県内で栽培していた主な品種はデラウエア、巨峰、キャンベル・アーリーなど。昭和58年度は宇佐市安心院町を中心に中津市、日田市などで生産された。

場所

場所:宇佐市安心院町

カテゴリー

食・動物・植物・農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ