ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 龍岩寺の造不動明王坐像等
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

龍岩寺の造不動明王坐像等

印刷用ページを表示する 更新日:1989年2月1日更新

1989年2月号 広報おおいた

龍岩寺の造不動明王坐像等

説明

宇佐市院内町大門の県道から山すそをしばらく登ると龍岩寺があり、さらに山腹を縫って登ると、巌窟に優美でしかも軽快な奥院礼堂(おくのいんらいどう)がある。この礼堂に安置されているのが、この仏像で、向かって右から薬師・阿弥陀・不動明王の三尊である。平安時代後期の作。

場所

場所:宇佐市院内町

カテゴリー

山・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ