ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 薦(こも)神社神門(しんもん) 一棟
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

薦(こも)神社神門(しんもん) 一棟

印刷用ページを表示する 更新日:1989年5月1日更新

1989年5月号 広報おおいた

薦(こも)神社神門(しんもん) 一棟

説明

中津市大貞にある薦神社は宇佐神宮と深いかかわりをもつ古社で、社殿の西に広がる三角(みすみ)池を神体とし、池を内宮、社殿を外宮と称している。現在の神門は、江戸初期に藩主細川忠興(ただおき)によって建立された。

場所

場所:中津市

カテゴリー

山・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ