ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > ホーランエンヤ
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

ホーランエンヤ

印刷用ページを表示する 更新日:1990年1月1日更新

1990年1月号 広報おおいた

ホーランエンヤ

説明

元日の朝、豊後高田市内を流れる桂川を「ホーランエンヤ、エンヤサノサッサ」のかけ声とともに元気いっぱいの裸の若者たちが赤、青、黄の大漁旗や吹き流しで飾った「宝来船」をこいでさかのぼる。両岸の観衆から祝儀物が出されると、こぎ手の若者が寒流の中に飛び込んで、泳いで受け取りに行く。船からは観衆めがけて色とりどりの祝いもちが投げられる。こうしてジグザグと若宮八幡神社までこぎのぼり、若者たちは走って神社に参拝、豊漁と航海の安全を祈願する。海の男の心意気を示すこの行事は、江戸中期、領内の年貢米を大阪の蔵屋敷に運ぶ船の航海安全を祈ってはじめられたといわれている。

場所

場所:豊後高田市

カテゴリー

山・祭り・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ