ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 野生ニホンザル社会日本一 1894匹の高崎山
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

野生ニホンザル社会日本一 1894匹の高崎山

印刷用ページを表示する 更新日:1991年6月1日更新

1991年6月号 広報おおいた

野生ニホンザル社会日本一 1894匹の高崎山

説明

大分市と別府市との境にある標高623メートルの高崎山は、日本最大規模のニホンザル群生息地。瀬戸内海国立公園『高崎山自然動物園』として、当時、年間約90万人の観光客が訪れる大分市最大の観光地になっていた。ABCの3群に別れた1894匹の野生ニホンザルは、それぞれのボスが総率。その様子やベビーシーズン、子ザルの成長など四季を通して楽しめ、普通の動物園では見ることのできない野生猿の生態を観察できる。また、都市近郊に出没するニホンザルの自然的集団として、全国的にも注目を浴びている。(国天然記念物)

場所

大分市

カテゴリー

山・動物・植物・施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ