ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 3,000メートル滑走路/開港20周年を迎えた大分空港
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

3,000メートル滑走路/開港20周年を迎えた大分空港

印刷用ページを表示する 更新日:1991年12月1日更新

1991年12月号 広報おおいた

3,000メートル滑走路/開港20周年を迎えた大分空港

説明

大分空港が、大分市内から現在の国東半島東端武蔵・安岐両町沖合へ移設、開港したのは、昭和46年10月。中型ジェット機が離発着可能な2,000メートル滑走路で、全国初の海上空港としてスタートした。昭和58年と昭和63年に、南北それぞれ500メートルずつ拡張し、地方空港としては、当時最長の3,000メートル滑走路、国際線用の大型航空機が就航可能な空港になった。

場所

国東市安岐町

カテゴリー

施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ