ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 日本一の炭酸泉「長湯温泉」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

日本一の炭酸泉「長湯温泉」

印刷用ページを表示する 更新日:1991年12月1日更新

1991年12月号 広報おおいた

日本一の炭酸泉「長湯温泉」

説明

「久住山から夜来る雨は、長湯ぬらしに降るのやら」詩人・野口雨情が詠んだ竹田市直入町の『長湯温泉』は、自然に囲まれた山の湯の情緒あふれる温泉場。各旅館ごとに内湯があり、のんびりと風情が楽しめる。白濁の湯に入るとプチプチと肌に泡がつくのが特徴で、炭酸ガス濃度1200ppmは、日本一の炭酸泉といわれている。

場所

竹田市直入町

カテゴリー

温泉

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ