ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 府内城
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

府内城

印刷用ページを表示する 更新日:1993年1月1日更新

1993年1月号 広報おおいた

府内城

説明

府内城は大分市中心部にある平城。慶長2年(1597)に、石田三成の妹婿福原直高によって築城がはじめられた。慶長7年、ときの城主竹中重利により本丸・二ノ丸・三ノ丸が完成。城の北側が海であり、海域的な要素を取り入れた平城であった。明治以降は大分県庁となるが、現在は市民の憩いの場「大分城址公園」となっている。(県指定史跡)

場所

場所:大分市

カテゴリー

山・食

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ