ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 沈堕の滝
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

沈堕の滝

印刷用ページを表示する 更新日:1993年11月1日更新

1993年11月 NEO OITA 10号

沈堕の滝

説明

大野川の本流と平井川の合流するところ、豊後大野市大野町大字矢田に壮大な二つの滝がある。隣接するこの滝は「沈堕の滝」と呼ばれ、室町時代の水墨画の大家、雪舟が「鎮田爆図」を書いたことでも有名である。現在の滝は、明治42年の沈堕発電所の開設に伴い、大野川流の雄滝の上部にコンクリートの堰堤が築かれたため、大自然が創った雄大な滝の景観は半減したという。写真は大野川流の雄滝(正面)と平井川流の雌滝(手前)。

場所

豊後大野市大野町

カテゴリー

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ