ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > かづら篭
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

かづら篭

印刷用ページを表示する 更新日:1994年3月1日更新

1994年3月号 広報おおいた

かづら篭

説明

当時、中津市山国町中摩にある『工房のむら』の庭先には、一年分の材料となるつづらふじの蔓が積み上げられていた。冬場、近くの山で採取したものを半年から1年かけて日陰で乾燥するのだ。昔からこのあたりでは、かづらをつかって『背負子』などが作られていたという。枯れた色合と野生の素朴さがモダンな部屋に似合う。

場所

中津市山国町

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ