ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 流通拠点港湾へ向けて着々と整備が進む大在公共埠頭
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

流通拠点港湾へ向けて着々と整備が進む大在公共埠頭

印刷用ページを表示する 更新日:1994年3月1日更新

1994年3月 NEO OITA 12号

流通拠点港湾へ向けて着々と整備が進む大在公共埠頭

説明

平成6年、当時、21世紀までの10年間は「地域構築の時代」といわれていた。高速交通体系の整備や大分港の港湾機能を生かした海上輸送体系の整備が進むなかで、物流の動きが加速していた。将来の大分HUB(ハブ)地域の実現を目指して、広くアジア・環太平洋をにらんだ人、モノ、情報の集散機能をもった東九州の物流拠点構築に向けての整備が着々と進んでいた。

場所

大分市

カテゴリー

道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ