ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 豊後表/七島藺の田植え
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

豊後表/七島藺の田植え

印刷用ページを表示する 更新日:1994年7月1日更新

1994年7月 NEO OITA 13号

豊後表/七島藺の田植え

説明

豊後表とは畳表に使われる七島藺で織った筵のこと。七島藺は、東南アジアが原産のカヤツリグサ架の植物で、漢文3年(1663年)、大分市の上人・橋本五郎左衛門が鹿児島のトカラ列島持ち帰って栽培を始めたといわれる。豊後表が国東半島の地場産業として成長して言ったのは、気候が適していること、栽培や整織が家内工業的で女性の労働力が生かせること、換金性が高いことなどであった。戦後は、工業化やみかん栽培の拡大などにより栽培面積は減少したが、当時は高級畳表として需要が多く、注文に応じきれないほどであった。

場所

国東市国東町

カテゴリー

商工業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ