ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 中津大津絵音頭
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

中津大津絵音頭

印刷用ページを表示する 更新日:1994年8月1日更新

1994年8月号 広報おおいた

中津大津絵音頭

説明

江戸時代。近江国大津宿(滋賀県大津市)で、お土産として売られていた戯絵が、有名な「大津絵」で、この絵の数多い画題を綴り合わせて作った歌詞に、二上がり調の粋な節を付けたのが、「大津絵節」または「大津絵」と称する三味線歌曲である。城下町中津では、専ら踊り唄として歌い継ぎ踊り継ぐうち、歌詞も節回しも土地柄相応に変容を遂げ、ついに独特の風格を備える「大津絵音頭」として、この地に根付いた。

場所

中津市

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ