ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 耶馬三橋/耶馬渓橋(通称オランダ橋)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

耶馬三橋/耶馬渓橋(通称オランダ橋)

印刷用ページを表示する 更新日:1994年11月1日更新

1994年11月 NEO OITA 14号

耶馬三橋/耶馬渓橋(通称オランダ橋)

説明

山国川には多くの橋梁が架かり、名勝耶馬渓路に情趣を添える。中でも石橋の耶馬渓橋、羅漢寺橋、馬渓橋は耶馬三橋と呼ばれ、ひときわ優雅な姿を川面に映している。荒瀬井堰のやや下流にかかる耶馬溪橋は全長116メートルに及ぶわが国唯一といわれる八連アーチの石橋で、前兆12メートルの架橋。この地域ではオランダ橋と呼ばれている。

場所

耶馬渓町

カテゴリー

川・施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ