ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 久住高原野焼きシンポジウム全国野焼きサミット
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

久住高原野焼きシンポジウム全国野焼きサミット

印刷用ページを表示する 更新日:1995年4月1日更新

1995年4月号 広報おおいた

久住高原野焼きシンポジウム全国野焼きサミット

説明

久住高原では、放牧、採草などの目的で、毎年春先になると野焼きが行われ、そこに新芽を生じるというサイクルを数百年も前から繰り返してきた。結果的には、この野焼きが雄大で、美しい景観を形作づくってきた。しかし最近、過疎・高齢化の進行により、野焼きの継続が困難になり、全国的に草原の面積が少なくなっている。こうした中、平成7年3月4日、竹田市久住町の中央公民館で「久住高原の焼きシンポジウム」が開催された。

場所

竹田市久住町

カテゴリー

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ