ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 津久見の尾崎小ミカン先祖木 -国指定天然記念物-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

津久見の尾崎小ミカン先祖木 -国指定天然記念物-

印刷用ページを表示する 更新日:1996年2月1日更新

1996年2月号 広報おおいた

津久見の尾崎小ミカン先祖木 -国指定天然記念物-

説明

津久見市大字上青江の閑静な住宅地に囲まれた小高い丘に広がるミカン畑。この一角に、国指定天然記念物「尾崎小ミカン先祖木」がある。別名「800年の樹」とも称され、全国一の古木として有名である。津久見におけるミカン栽培の歴史は古く、今から1,200年余りも前の奈良時代中期、仁藤仁左衛門という人が市内松川に自生していた野生の橘に目をつけ栽培研究を始めたのが事の起こり。

場所

津久見市

カテゴリー

農業・植物・動物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ