ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 城下公園 -日出町-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

城下公園 -日出町-

印刷用ページを表示する 更新日:1996年3月1日更新

1996年3月 NEO OITA 19号

城下公園 -日出町-

説明

1601年、豊臣秀吉夫人ねねにゆかりの日出藩初代木下延俊は、居城として暘谷城を築城した。それは、高崎山を正面に見据える別府湾のほとりに立ち、あたかも別府湾を前庭にしたかのようにすばらしい眺めであった。しかし、城の南側の石垣は、直接生みの岩盤を基礎にして築かれたため、台風の被害にたびたびあっており、当時、護岸工事が施された。これを機会に被害を修復し、石垣の石積みを復元するとともに、東屋やベンチを配置し、お堀にはしょうぶ園を設け、城下公園として憩いの場所を整備した。

場所

日出町

カテゴリー

文化・史跡・施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ