ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 東別院(左)と西別院(右) -宇佐市-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

東別院(左)と西別院(右) -宇佐市-

印刷用ページを表示する 更新日:1996年3月1日更新

1996年3月 NEO OITA 19号

東別院(左)と西別院(右) -宇佐市-

説明

1744年、東本願寺四日市別院・真勝寺が成立した。九州御坊とよばれ、1803年に本堂を再建、御影堂と阿弥陀堂の両堂造りで壮大無比の伽藍であったが、明治元年、勤皇倒幕の挙兵事件に巻き込まれ本堂を消失した。一方、西本願寺派は1747年に、西本願寺四日市別院・正明寺を成立させ、1766年、東別院並みの本堂が完成した。その後、立替が行われ、現在の194面の本堂が完成した。このようにして隣り合った東西両別院が設けられたことにより、近世後期からは多くの参詣者が集まって賑わいを見せた。

場所

宇佐市

カテゴリー

文化・史跡・施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ