ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 臼杵市/二王座法音寺の石段
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

臼杵市/二王座法音寺の石段

印刷用ページを表示する 更新日:1996年4月1日更新

1996年4月号 広報おおいた

臼杵市/二王座法音寺の石段

説明

町八町の田町から二王座に眼をうつすと、甚吉坂の切り通しから寺町周辺は正に臼杵の歴史を語る道である。春日局や、明石原人の発見者である直良信夫や彫刻家日名子実三の物語りをもつ寺院群や武家屋敷に、臼杵石による石畳や石垣、石段、石門、石積みの塀など石の文化を示す環境づくりが随所に見られる。

場所

臼杵市

カテゴリー

街並み

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ