ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 瀧廉太郎記念館
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

瀧廉太郎記念館

印刷用ページを表示する 更新日:1997年6月1日更新

1997年6月号 広報おおいた

瀧廉太郎記念館

説明

瀧廉太郎記念館として、廉太郎が住んでいた当時のままに復元された館内には,廉太郎に関する資料が数多く展示されている。最後の作品となった『憾(うらみ)』の楽譜の下書きやドイツ留学中に写した舞踏曲の楽譜、友にあてた手紙などが展示されている。また敷地内には、廉太郎が弟と遊んだ蔵がある。展示室として公開され、廉太郎が使ったものと同型のオルガン、音楽学校や留学先での写真などが見学できる。

場所

竹田市

カテゴリー

施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ