ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 川平間歩 -荒瀬井路・県指定史跡-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

川平間歩 -荒瀬井路・県指定史跡-

印刷用ページを表示する 更新日:1997年10月1日更新

1997年10月 NEO OITA 25号

川平間歩 -荒瀬井路・県指定史跡-

説明

荒瀬井路は、本耶馬溪町樋田で山国川から取水し、「下毛原(しもげばる)」とよばれる丘陵地1,000ヘクタールをかんがいするために建設された井路である。貞享三年(1686)から工事に着手し3年の歳月と莫大な費用をかけて完成した。一番の難関は「川平間歩(こうべらまぶ)」約1キロメートル、県指定史跡の掘削だった。300年前のノミの彫り跡などが残り、工夫たちの苦闘がしのばれる。

場所

中津市本耶馬渓町

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ