ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 動物愛護 > 犬の熱中症について

犬の熱中症について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月17日更新

熱中症にご注意!

犬は、暑さが大の苦手。健康管理では春先から夏が要注意。

ちょっとした気配りで、犬たちにも快適な毎日を・・・・・ 熱中症

  暑いのは苦手?

 人間は暑くなると発汗によって体温の調節をしますが、犬には汗を出す汗線が足の裏にしかありません。

 そのため暑い時期、大きく口を開けて、舌を出し「ハアハア」と大きくあえぐのも、体の熱を出して体温を調節するためです。

  散歩

 日中のアスファルトは、はだしで歩くとやけどするくらい熱くなっているので、散歩は炎天下をさけ、早朝や夕方の比較的涼しい時間帯にしましょう。

  飼育環境も快適に

 屋外飼育の場合は、犬舎が直射日光を受けることのないように、木陰などに移動したり、日除けなどを立てて日射病にならないようにしてやりましょう。

 内飼育の場合は、飼い主の外出中に窓を締め切っていると、室温が上昇して熱射病になる可能性がありますので、犬が逃げ出さない程度にすき間を開けておくか26~28℃くらいの温度でエアコンをかけておきましょう。ただし、冷やしすぎは禁物です。

  暑くなると食欲も少し落ちてきます

 湿気も多く、暑さが続く時期、フードの保管に注意して。食欲もやや落ちてくるので、腐敗しやすい食べ残しはすぐに取り除きましょう。食器は常に清潔に・・・・・ 

 

熱中症になったら

 熱中症になると、体が異常に熱い、息が荒い、舌が異常に赤い、意識がない、意識があって倒れたまま動かないなどの症状がみられ、命に関わります。

 早くに涼しい場所に移動し、体に水をかけ、後頭部、足先、首、脇、後ろ足の付け根を重点的に冷やします。

 体温が下がっても脳や内臓に障害がおこることがあるので、早くに動物病院に運びましょう。