ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 中津土木事務所 > 深耶馬地区 急傾斜事業 現場見学会

深耶馬地区 急傾斜事業 現場見学会

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月28日更新

深耶馬地区 現場見学会

現場見学会の目的

開催日時:平成29年2月27日(午前の部)山移小学校児童及び教職員 (午後の部)深耶馬地区の住民の方

 中津市耶馬溪町の深耶馬地区で進めております、災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業の工事用足場を撤去する前に、当地区にある山移小学校の児童並びに住民の方達向けに現場見学会を行いました。
 見学会では、平成28年4月の熊本地震により発生した落石を受けて、どのような施設を整備し、どのような働きで落石被害を防ぐのかを説明しました。
 この見学会を行うことで、参加された方達に落石対策の必要性について理解を深めていただく良い機会となりました。

見学会の実施状況

(午前の部)山移小学校児童及び教職員等(6名)
 ・落石被害状況の説明をしました
説明状況
落石被害や工事の内容を写真で分かり易く説明するH主任
・工事用の階段を昇ってもらいました
状況写真
かなり急勾配なので慎重に昇ります
・整備した施設を見てもらいました
状況写真
かなり大きな施設に驚いていました
・ドローンも操作してもらいました
状況写真
小学生でも簡単に操作できます
・記念撮影もしました
状況写真
こんなに近くで施設を見られるのも、この機会だけです
・最後に記念品を土木事務所、施工業者から贈呈しました
状況写真
状況写真
雨量計の実験道具、お菓子等を渡しました
・お礼の言葉をいただきました
状況写真
今日の当番?の児童がお礼を言ってくれました
(午後の部)深耶馬地区の住民の方(8名)
 ・お店をお借りし、スクリーンで対策工事の説明をしました
状況写真
落石の実験映像や施工順序を見てもらいます
・工事用の階段を昇ってもらいました
状況写真
急勾配ですが、すいすい昇っています
・整備した施設を見てもらいました
状況写真
みなさん写真を撮っています
・ドローンで空中から見た映像を見てもらいました
状況写真
ドローンはみなさん食い付きが良いです
・同じく記念撮影です
状況写真
現場をご覧頂いた6名の方です

 今後も3月末まで工事が続きますので、完了までご協力のほど、よろしくお願いいたします。

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください