ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分土木事務所 > 放置艇対策の推進について(裏川)

放置艇対策の推進について(裏川)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月12日更新

1 趣旨

プレジャーボート等の適正管理を進め、係留保管の秩序を確立し、良好な生活環境及び景観保全、県民生活の安全の保持、海洋性レクリエーション活動の健全な発展に役立てるため、「大分県プレジャーボート等の係留保管の適正化に関する条例」が平成31年4月1日に施行されました。

特に放置艇が多い大分市の「裏川」においては、様々な取組を実施しております。

  うらかわこうくうしゃしん   うらかわのしゃしん

 2 方針

裏川

河川への船舶の係留は河川法で原則認められていませんが、国の通達に基づき、例外的に10年間係留を認める「暫定係留施設」を裏川に整備する予定です。整備にかかった費用は、その施設を利用する船舶係留者に使用料として納付していただきます。

 3 これまでの取組

 (1)放置艇対策説明会(船舶所有者)

今後の県の取組に御協力いただくため、裏川に係留する船舶の所有者に説明会を下記日程で実施しました。

日程場所参加者数
第1回平成31年 3月11日、18日、24日大洲運動公園 研修室、東部公民館 会議室105名
第2回令和元年 6月11日大分県総合社会福祉会館 研修室45名
第3回令和元年 11月6日大分県総合社会福祉会館 研修室36名

 (2)放置艇対策説明(近隣自治会長)

裏川に隣接する地区の自治会長に、裏川の現状や県の取組を説明し、意見交換をおこないました。

 (3)現係留者の意向確認

裏川に現在係留されている船舶の所有者に、今後もこの地域に係留する意向があるかを確認しました。
皆さんの意向を踏まえて、暫定係留施設の整備数を決定します。

 提出期間:平成31年3月11日~同年7月10日

 

 4 今後の取組

令和2年7月以降、裏川において、順次必要な工事を実施する予定です。
近隣の皆さんには、ご迷惑をおかけしますが、御理解と御協力のほど宜しくお願い申し上げます。
令和3年4月から、この地域に係留する船舶は、使用料を納付していただく予定です。

 5 船舶所有者の方へ

裏川に船舶を係留されている方のうち、「船舶係留に関する意向確認書」を提出されていない方は、「大分土木事務所 管理課」まで御連絡下さいますようお願い申し上げます。

 6 計画の策定

「大分地区の公共水域等の利用調整に関する協議会」において、学識者・関係機関・地元代表者の意見を聴取し、今後、計画書を策定する予定です。

 7 関係条例

計画的な不法係留船対策の促進について(建設省河政発第一六号 平成一〇年二月一二日) [PDFファイル/132KB]

大分県プレジャーボート等の係留保管の適正化に関する条例 [PDFファイル/85KB]


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください