ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

統計の日

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月29日更新

10月18日は「統計の日」

平成29年度「統計の日」ポスター

・「統計の日」とは

 「統計の日」(10月18日)は、国民の皆さんに、統計の重要性に対する関心と理解を深めていただき、統計調査により一層の御協力をいただくため、 昭和48年7月3日に定められました。
 10月18日は、府県物産表が公布された日で、我が国最初の近代的生産統計といわれています(太陰暦で明治3年9月24日を太陽暦に換算した日)。
※府県物産表は、各府県ごとにその区域内の農林水産物や鉱工業生産物の個々の品目について、その生産高(産出高)をもらさず報告するよう求めて作成した統計であり、我が国の統計の発展過程で重要な役割を果たしました。

・「統計の日」制定の理由
  社会経済の発展に伴い、国民の皆さまに統計の重要性に対する関心を高め、その理解を深めるとともに、 広範かつ精細な統計を整備することの必要性は、近年特に高まってきています。また、政府、地方公共団体が実施する統計調査は、最近ますます複雑・高度化する傾向にあり、 これらの統計調査の実施にあたっては、統計調査に対する国民や事業所等の皆さまにより一層の御理解と御協力をいただくことが必要です。 
  このため、毎年10月18日を「統計の日」とし、 この日を中心として国民の皆さまに統計に対する関心と理解を深めていただくための諸行事を行い、我が 国の統計の整備に役立てようとするものです。

  • 各種の統計調査は、行政施策の企画立案や社会・経済活動の動向を示す資料として広く各方面で利用され、その果たす役割は一層重要性を増してきています。
    調査対象となった世帯や事業所・企業の皆さまの統計調査へのご理解とご協力をお願いします。                     
☆☆☆  平成29年度に実施される主な統計調査  ☆☆☆

                           5月 1日  学校基本調査

                           6月 1日  工業統計調査

                          10月 1日  就業構造基本調査

                          8月~10月  大分県商品流通調査

                          毎 月 調 査  小売物価統計調査
                                   家計調査
                                   労働力調査
                                   毎月勤労統計調査
                                   経済産業省生産動態統計調査
                                     商業動態統計調査

統計調査の実施にご理解・ご協力をお願いします。

各種統計調査について

総務省ホームページ(平成29年度「統計の日」ポスター標語)

総務省ホームページ「統計の日」(10月18日)関連行事紹介


シンフロについてはここをクリックしてください