ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 農林業における気象災害対策 > 日照不足等技術対策マニュアル(飼料作物)

本文

日照不足等技術対策マニュアル(飼料作物)

印刷ページの表示 ページ番号:0000292768 更新日:2014年8月21日更新

飼料作物

〔対 策〕
(1)生育停滞、湿害および刈り取り時期の逸脱等により、収穫量や品質低下の恐れがあるため、気象および作物生育状況に応じた適切な肥培管理、排水対策や収穫調製を徹底すること。
※飼料用水稲については水稲と同様の管理とする。なお、薬剤防除については使用可能農薬に制限があるので留意する。
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)