ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大分県日田土木事務所 > 玖珠川(天ヶ瀬温泉街)の復旧・復興

本文

玖珠川(天ヶ瀬温泉街)の復旧・復興

印刷ページの表示 ページ番号:0002147008 更新日:2021年9月30日更新

玖珠川(天ヶ瀬温泉街)の復旧・復興

 令和2年梅雨前線豪雨により玖珠川沿線では、道路の寸断、家屋の浸水など甚大な被害が発生しました。特に豊後三大温泉の一つといわれる日田市天瀬町の天ヶ瀬温泉街では100戸以上のホテル・旅館・飲食店・住家などの浸水被害、市道橋(新天ヶ瀬橋)の流失などの被害を受けました。
  日田土木事務所では、地域住民、日田市など関係機関などと調整を行いながら、浸水被害軽減に向けた整備手法の検討を進めています。

 

被災状況

ドローン写真

玖珠川

新天瀬橋被災状況1

新天瀬橋2

地元説明会配布資料

天ヶ瀬温泉街復旧・復興推進体制について

地域住民と県・市などが一体となって天ヶ瀬温泉街の復旧・復興に向けて取組むため、推進体制を構築しました。

国土交通大臣の視察について

 令和3年9月11日、赤羽国土交通大臣が天ヶ瀬温泉街の視察に訪れました。事務所から赤羽大臣に天ケ瀬温泉街の被災状況、玖珠川の河川改修計画についての説明を行いました。
 その後、赤羽大臣は、広瀬知事、原田日田市長、観光関係者などと意見交換会を行いました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)