ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 先端技術への挑戦 > 令和3年度先端技術挑戦プロジェクト推進事業(先端技術挑戦枠)第1回公募のお知らせ

本文

令和3年度先端技術挑戦プロジェクト推進事業(先端技術挑戦枠)第1回公募のお知らせ

印刷ページの表示 ページ番号:0002092033 更新日:2021年4月5日更新

令和3年度先端技術挑戦プロジェクト推進事業「先端技術挑戦枠」第1回公募のお知らせ

事業の概要

 昨今、IoTやAIといった先端技術が急速に普及しています。県ではこれらの先端技術を用いたビジネスモデルを有する地域課題解決型のプロジェクトの実施に必要な経費の一部を補助するため、幅広く先端技術を活用した優れたプロジェクトを支援する「先端技術挑戦枠」とその中でも特にGPU(Graphics Processing Unit)を活用した優れたプロジェクトを支援する「GPU活用枠」を創設しました。
 このたび、「先端技術挑戦枠」の第1回の公募を行いますので、お知らせします。
 ※「GPU活用枠」の公募は別途行いますので、ご注意ください。
補助枠ごとの相違点
【先端技術挑戦枠】
1 公募期間
  令和3年4月5日(月)~令和3年5月14日(金)

2 補助対象
(1)地域課題解決型のプロジェクトであること
  テーマ例:防災、観光、環境、医療・福祉・健康、工場、土木・建築、農業
(2)企業、高等教育機関、研究機関、団体等を構成員とするコンソーシアムを原則とし、その中に県内に事業所を置く中小企業等を含んでいること
(3)IoT、AI、ビッグデータ、ロボット等、先端技術を開発又は活用するプロジェクトであること
(4)事業の費用が適当であること
(5)事業が期間内に完了する見込みがあること
(6)事業が、県が実施する他事業の補助金の交付を受けていないこと又は交付を受ける見込みでないこと
(7)大分県IoT推進ラボの認定を受けたプロジェクトであること

2 補助率等
  補助率   1/2以内(千円単位未満は切り捨て)
  補助上限額 1,000万円

【GPU活用枠】
1 公募期間
  令和3年下旬予定

2 補助対象
(1)地域課題解決型のプロジェクトであること
  テーマ例:防災、観光、環境、医療・福祉・健康、工場、土木・建築、農業
(2)企業、高等教育機関、研究機関、団体等を構成員とするコンソーシアムを原則とし、その中に県内に事業所を置く中小企業等を含んでいること
(3)GPUを活用した先進的なプロジェクトであること
(4)事業の費用が適当であること
(5)事業が期間内に完了する見込みがあること
(6)事業が、県が実施する他事業の補助金の交付を受けていないこと又は交付を受ける見込みでないこと

2 補助率等
  補助率   1/2以内(千円単位未満は切り捨て)
  補助上限額 500万円

【先端技術挑戦枠】と【GPU活用枠】の共通事項
3 補助対象となる事業期間
  交付決定日から令和4年3月31日まで

4 審査方法
(1)一次選考
   提出いただいた申請書に基づき、書類選考をします。
(2)二次選考
   一次選考で選ばれた候補について、有識者等からなる「大分県IoT推進ラボ審査委員会」によるプレゼン審査を経て、補助対象者を決定します。
※日程は別途お知らせします。

審査基準、補助対象経費、採択された場合の留意点等、詳細は下記公募要領及び事務処理の手引きをご覧ください。

申請方法

1 申込期間
  令和3年4月5日(月)~令和3年5月14日(金)
2 提出書類
3 応募の方法
  下記提出先へご郵送又は直接ご持参ください。
  
4 ご提出先
  〒870-8501 大分市大手町3丁目1番1号
  大分県商工観光労働部先端技術挑戦課 先端技術挑戦班

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)